釣果報告としたいのですが、釣果がない時もあるので、2000/05/14〜06/25)


2000/6/25三戸浜〜小網代沖先週と同じく予報は良くなかったのですが、ボーズ八重沢さんの少々の雨なら行きますよとの気迫に圧倒され浜に着くと肌寒い小雨が落ちては来るものの、なんとかボートを出せそうな海況です。準備ももどかしく早々に小笹さん艇、八重沢さん艇と私の3艇でエギング開始。油壷マリンパーク前の海面を探りました。しばらくするとパフッパフッというホイッスルの音。実は八重沢さんのタモ網の柄にはホイッスルが取り付けられています。これはタモに納まったイカの驚かせて墨を吐かせようというアイデアから考案されたすぐれモノ。同時に我々にも釣れましたよという合図にもなっちゃうのです。パフパフを聞いて焦っていると、すぐそばで釣っている小笹さんのタモに良型のアオリが納まりタップリ墨を吐いているではありませんか。アオリボーズ街道まっしぐらの私はますます焦ります。今日もと思ったところに待望のあたり。しかしこれはマルイカでした。結局この日の私の釣果はこの1杯のみ。アオリボーズ記録の更新です。しかし先週進水された「晴れ男」ポテ丸さん、S正範さんも合流して賑やかな釣を楽しませて頂きました。

ケンタートルの八重沢さんとお友達、右はS正範さん     もう一人でできるもんポテ丸さん

良型のアオリイカをキープ小笹さん


2000/6/18長浜〜三戸浜沖天気予報は雨マーク、前夜は土砂降り、高橋さんからも進水式の予定を諦めた旨の連絡が入りました。が、朝起きてみると薄陽がさしているではあ〜りませんか。ゲゲッと急遽支度をしていると高橋さんから「ヤッパ行きましょ〜」との嬉しいTEL。ガッテンダーと高橋さんとおちあい、出航地へ向かう車中、小笹さんに携帯を入れると、既に浜にいますとのこと。みんなスッキャネンな〜。3艇とも同じボートなので、セットアップを終え浜に並べるとダンゴ3兄弟の歌を思い出して笑ってしまいました。高橋さんは航海の安全を祈り愛艇「ポテ丸」に御神酒を注ぎ進水式を無事終了。3兄弟はめでたく海の上に。しばらく皆さん好き勝手に釣りをし、10時すこし前にサーフサイドビレッジ前の浜に一時上陸、アリカのビギナー講習会に乱入。3艇とも買ったショップはバラバラで、アリカで買ったのは小笹さんだけなのですが、そこは太っ腹なアリカの荒居さん、どうぞどうぞってな訳で、アリカのシンちゃん、アキレスの久昌さんS正範さんとしばし談笑タイム。我々は再び海に出て、午後1時過ぎ納竿としました。小笹さんは良型カワハギ数尾にアナゴ、ポテ丸さんも初航海でカワハギなどしっかりゲットされてました。私は完ボでしたがメッチャ楽しい2週間振りの海でした。次は釣るぞ!

ポテ丸とオーナー高橋さん(右)   ドリーム号小笹さん        すっかり操船に慣れた高橋さん


2000/6/3長浜〜小網代沖★ 天候に恵まれず2週間浮かべなかったのでストレス溜まりまくり状態。そこに追い打ちをかけるように車が故障して、今週も諦めかけていたら、S正範さんが「お迎えに行きますので、私のボートでどうぞ」と優しいお言葉。イチもニもなくゴロニャンと甘えることにしました。しかもクーラーボックスだけ持って他は手ぶらという横着ぶり。海上は風も波もないボート釣り日和ですが、潮がカッ飛んで釣りずらい。そんなコンディションのなかでも「飛鳥2」を駆使して、良型のメジナと40cmオーバーの丸々としたマサバをゲットされるあたり、流石のS正範さん。シンプルだけど随所に工夫を凝らした艤装が心にくい「飛鳥2」は快適そのもの。しかも9.9馬力のハイパワーで移動もラクチン。亀城沖から小網代沖まで自在にポイントを探れます。おかげで、まささん、リス2号さん、魔神さん、サンタクさんに遭遇できた楽しい1日でした。私の釣果ですか?マサバ1のみでした。トホホ。

良型のメジナを持つS正範さん   まささんとリス2号さん     マダイをゲットの魔神さん


2000/5/14三戸浜沖  赤潮に染まる海にタジロギながらも小太郎丸さん、小笹さん、S正範さん、高橋さん、私は出航準備を終えいざ岸払い。高橋さんは近々インフレータブルを購入予定なので、今日はウキウキ号にお乗せして体験試乗を兼ねての釣行です。高橋さんは我々の準備、離着岸、片付けをしっかりチェックされ、マイボートで海に出る日に備えイメージトレーニングされていました。百聞は一見にしかず、百見は一試乗にしかずですモン。さて、釣果のほうは、先週マダイ7枚をあげノリノリのS正範さんの独壇場。赤潮にもめげず、自分の庭のように知り尽くしたポイントを移動してカワハギ、ウマヅラ、イサキと一人で竿を曲げていらっしゃいました。サスガはベテラン。私はスーパーで買ったキビナゴに65cmのスズキがヒット。ウキウキ号で最大のお魚です。沖上がりの後、小太郎丸さんの冴えた包丁さばきでS正範さんのカワハギとウマヅラのあいびきキモあえ、みんなで頂いちゃいました。絶品!!スズキですか?これは家族で食べました。セッケ〜(ウキウキ号のシモ記)

左から小太郎丸さん、高橋さん、小笹さん  良型のウマズラを持つS正範さん  電動シャワーで愛艇を洗う小笹さん

65cmのスズキを持つ私