2001/03/03長者ヶ崎沖

日曜日の予報が悪いのでこの土曜日を逃すとまた1週間あいてしまうと思うと、いても立っても居られません。そこへ「たまには私のボートでのんびりやって下さい」と小笹さんの優しいお言葉。渡りにゴムボートとばかりラクチン釣行を決め込んだ私です。原チャリに竿を縛りつけて待ち合わせ場所に着くと小笹さんはすでに準備完了状態。準備を手伝おうと思ってたんですが、いや〜恐縮です。

まずは小磯の鼻沖15m位からしゃくり開始。ボーズ八重沢さんのオリジナルロッドをパクッて作った竿は75gとまずまずの仕上がりで、これにシマノのクラブデミをつけ、しゃくり続けても疲れない軽量タックルになってます。しかし、1時間しゃくってこの軽さには我ながら満足ですが、ウンでもスンでもないこの退屈さが我慢できません。北の風も納まり海況も良くなって来たので「沖に行きましょうか?」という小笹さんに二つ返事です。そして、久留和〜秋谷沖40〜60mをアマダイの仕掛けに変更して流したのですが、水温は13度。この冷たさに時折トラがかかるだけの沈黙の海と化しておりました。その後、尾が島の回りでカワハギ仕掛けに換えてもベラやキタマクラの外道も喰わずエサがそのまま上がってきます。時計の針はもうお昼を指しています。何時までやります?と上がりの時間を気にし始めた矢先、自作ロッド75gがグッと弧を描きました。イカが乗ったテンションがを味わいながらバレるなよ〜と念じ小笹さんにタモ取りしてもらったのはモンゴウイカでした。

結局船中この1杯で上がることにしましたが、2/12以来の海をお客さん状態でのんびり堪能させて頂いて実に楽しい釣行でした。小笹さんありがとうございました。

いつもながら小笹さんのボートの撤収には感心します。電動シャワーを使って手際良く真水でボートを洗い、」水気を拭き取って車内に整然と収納されてます。お住まいはマンションで機械式駐車場というカートッパーにはメゲそうな環境を知恵と工夫で克服され、天気が良ければ毎週でも浮かんでいらっしゃいます。コンプリート カートッパーとお呼びしたい。小笹さんに感心してるとスーパーショトをゴロゴロ引いて来る方がいます。お聞きすれば10年以上カートッパーをやっていらっしゃるとか。だんだん降ろせる所がなくなってイヤだね〜とおっしゃりながら、自作の竿、餌木、パラシュートアンカーなど見せて下さいました。いや〜深いな〜と私はまた感心。なんだか人のミニボートフィッシングスタイルに感心ばかりしていた1日でした。


2001/02/12平塚フィッシャリーナ

昨日(2/11)の海は暖かな一日だったようですが、今日は打って変わって北風の吹く寒空で出るのヤメヨ〜カナと弱気になる程の冷え込みでした。このところ天候に見放されっぱなし。昨日出てれば良かったのですが、いろいろ用事もありましてね。ツライノ〜。

しかし準備を始めると体も温まってきます。このへんが、カートッパーというかミニボート釣師の強み。エンジン運んだり、ガソリンタンク、法定備品、釣り道具と準備をするうちに体が温まってくるのです。健康的な遊びですよ〜ホント。

今回は久々に小太郎丸さんとご一緒させて頂きましたが、小太郎丸さん、平塚フィッシャリーナとくれば、巨アマダイ。2/15号のつり情報誌でNonoさんが紹介されているように昨年暮れに45cm,48cmと実績をあげておられます。私には小太郎丸さんの一挙手一投足が自信に満ち溢れ、この人について行けばアヤカレルかもと神々しく見えてくるのです。

しかし、あいにくの天候であのポイントへ向かうのはキツイので観測塔方面へ向かうことにしました。私のウキウキ号にはタカヒさんをお乗せしてタンデムです。陸からの風で行きは良いのですが、帰りは風に逆らって走ることになるので5馬力でインフレータの二人乗りでは厳しいものがあります。少し走っては戻り、どのくらい風の影響を受けるかを確かめながら水深40mでパラシュートアンカーを投入。これ以上風が強まったら即戻りましょうとタカヒさんに言って、仕掛けを入れました。初投入からいきなり喰ってくるのはトラギス。でもここのはデカイ。いつものとは違い、竿先をガガッとひったくるので、ひょっとして思うのですが、あとは素直に上がって来るのでチャウな〜と気がつきます。ここで、タカヒさんは良型のカサゴをゲット。私はトラ、ヒメジ、、

そうこうする内に重役出勤のようにのんびりとMIZOさんが来られパタパタと我々よりちょっと沖で釣りを始めたかと思うと「マダイ上がりました」しかも大きい。 この人もタダモノじゃないね〜。

11時近くになって朝の内の風がウソのように止み、ベタになってきたので我々も60mの深さまで沖に。ここでタカヒさんにアマダイ2発。一つはいい型です。トラ、ガンゾウ、チダイ、カサゴ、ヒメジ、そしてアマダイと六目を達成して満足そうなタカヒさん。お義父さまの還暦のお祝いに赤いお魚釣りたいをというタカヒさんの願いは見事叶ったのでした。私も嬉しいです。船頭としましてはお客さんに喜んで貰うのが一番。ホント〜だよ。嬉しいので桟橋に寝転がって魚と一緒にハイポーズ。小太郎丸さんは「いい年してよくやるよ」と呆れながらも撮って下さったのでした。


2001/02/04三戸浜〜油壷沖

出航場所が近づくにつれ路傍のノボリのはためき具合が激しさを増してきます。車を走らせながら、ちょっとチョットやばいかな〜と不安になりましたが、すでに到着されていた小笹さん、ボーズ八重沢さんと相談の結果、なんとか出せるんじゃないかという結論に至り3艇は浮かんだのですが、チョー寒い。筋状の雲に覆われた太陽はとうぶん顔を出しそうにありません。でも、パタパタと走っていると気分はウキウキ。禁断症状が癒される瞬間です。

沖のアマダイ屋敷を目指すお笹さんと別れて、私はアオリ狙いの八重沢さんにくっついて油壷マリンパーク下の12〜18mだちでパラシュートアンカーを投入。八重沢さんは魚探の具合が悪いらしく私に「ここ何メーターですか〜?」と聞いてこられます。魚探をみると13mなのでそうお教えして、しばらくしゃくる間にもうアオリをゲットされた八重沢さん。さっすがっすネ。こりゃ私にも可能性があるかもと、2時間近く行ったり来たりでシャクリ続けますがノーヒット。八重沢さんは一つ増やして2杯。さすが軟体系のチャンピオン。

アマダイはど〜かなと小笹さんに携帯を入れてみると、沖はシブキをかぶって寒くて仕方ないので小網代湾内に戻ってでカップ麺を食べてますとのこと。沖も駄目そうなので私はカワハギに狙いを変えますが、手が凍えて餌を満足につけられません。やっとの思いで仕掛けを投入するも、キタマクラ、ベラばかり。小用をたそうにも手がかじかんでジッパーを下ろすのにも一苦労というありさまで、私も湾内でブレークタイムすることにしました。

湾内でカップ麺にお湯をそそぎ、フーフーしながらすすると生き返ったようです。小笹さんもやって来られボートをならべて暫しのんびりと思ったとき、小笹さんの竿が大きくしなりました。そう言えば、ここは かつて小笹さんがイナダを連釣されたポイント。もしや、まさか、とワクワクして見つめていると良型のサバフグ君でした。いつでもどこでも元気な顔を見せてくれるサバフグ君。こんな所にもチャントいてくれるんですね。

ひと休みの後、再び湾の外へ出てカワハギを狙ってみますが、お決まりのゲドウばかり。お昼に丸ボーズであがりました。八重沢さんはアオリ2スミイカ1。さすがですね〜。脱帽。


2001/01/14平塚フィッシャリーナ

「今日はホントのウキウキ号のシモさんですね」と、この日同行のMIZOさん。今年3回目の釣行ですがウキウキ号に乗ってのマイボート釣行は一月半ぶり。昨年末の竿納から人のボートに乗せて頂いてのラクチン釣行が3度続いておりましたので、冒頭の軽いツッコミとなった次第。

実は先月 車を買い換えたのですが「車が臭くなるのでボートは乗せないで」と家族は大反対。唯一の理解者小5の娘も「汚くなるからダメ」とあっさり敵陣へ寝返ってしまいました。で、仕方なく根無し草のように人のボートで寄生釣行をしておりましたが、物置のウキウキ号を眺めてはタメ息をついたり、週末が近づくとボーっとして目はウツロという症状に、家族からやっと釣行許可がおりてこの日を迎えた訳です。

今度の車はワゴンなのですが、いざ積み込んでみると、前のセダンのトランクの方が積みやすい事を痛感しました。荷台に棚をつけるなどの工夫をしないと収拾がつかない。だけど、不格好な棚なんか付けた日にゃまた家族の視線が、、。悩むな〜。

さて釣りの方はと言いますと、海上に出てみると思った以上にウネリが大きくMIZOさんといったん向かいかけたアマダイポイントを諦め、荒れ始めてもすぐ戻れる観測塔よりの50mポイントに。さすがMIZOさんは平塚フィッシャリーナの主、あちらが駄目ならこちらと引き出しが多い。しかし、ポイント到着後2〜3投で急に風が強まったので安全策をとり、20mへ移動。そこでも2〜3投の間にますます風とウネリが強まるので竿を納めて午前10時過ぎに沖上がりとしました。安全第一ですからね。

この判断は大正解で、桟橋で艤装を解いているとボートが飛ばされそうになる強風に加え雪まで降ってくる荒れ模様。MIZOさんありがとう。おっしゃるとおり早上がりして良かったネ。

早めに帰宅出来たので入念にウキウキ号洗ってあげたのでした。メデタシ、メデタシ。


2001/01/07長者ヶ崎沖

夕方から雪の予報も出ている寒い1/7、葉山沖を八重沢さんのケンタートルに便乗させて頂いてアマダイ狙いの予定。しかし、そこは軟体系の達人八重沢さんのコト。アオリの餌木は欠かせません。「まず、沖へ行ってアマダイ、荒れて来たら戻って浅場でアオリかカワハギをやりましょうか」と打ち合わせながら出航準備完了。

浜でパフェの青柳さんともお会いし新年のご挨拶。今日はボート釣りではなく、息子さんと堤防釣りをされる小笹さんに見送られていざ出航。気温は低いものの波は無く、手漕ぎボート軍団も沖へと向かっているので安心していると、ポイントに到着する前にだんだんと風が強くなってきました。

岸からは穏やかに見える海も沖に出ると風が強く風波がたっています。陸からの風なので行きはヨイヨイですが風に逆らって戻る帰りはつらいものがあります。で、予定より浅い水深50m付近でアマダイの仕掛けを入れ様子を見ることにしますがフグ切られてばかり。風はますます強まり寒さで手がかじかんで仕掛けの交換もママならないので一旦浜に引き上げ温かい缶コーヒーを飲んで仕切り直し。

「寒いからカツラ被ろうかな〜」あまりの寒さで魚を諦めウケを狙いに出たか?八重沢さんは何と女性用のカツラをつけて登場。ゲェ〜これがうわさの裕子?小笹さんの息子さんひきつけ起こさなくて良かったっすね〜。しかもカメラを向けると首をちょとかしげてポーズまでとる芸の細かさ。ポーズ八重沢さんになっちゃったヨ〜。私はあやうく落水しそうなほど笑い転げていまいました。ゴッツイオバハンの操船で釣りをするショボクレオヤジ。そんな風に映ったと思いますヨ、ハタ目には。

このブキミなカップルに恐れをなしたのかアオリもカワハギも寄りつかず完全ボーズに終りましたが、いや〜年明け早々珍しいものを見せて頂いて、、。魚が獲れなければ、笑いをとる。芸人やの〜。とにかく1年分くらい笑わせて貰いました。グェ〜。


2001/01/05三戸浜〜長浜沖

21世紀の初釣りは三戸浜の主、S正範さんの「東風」に小笹さんと私を乗せて頂き3人でワイワイ楽しい釣行となりました。前日まで荒れ模様で当日の天気も危ぶまれたのですが、ウネリは多少残っているのの、海は穏やかです。しかし、油断は禁物、このところ天気はいつ急変するかわからないので、まずは近場で様子を見ましょうとカワハギ狙い。小笹さんが良型をポツポツと上げられます。私もようやく1枚上げたところで、海況も安定してきたので沖に移動しました。

「東風」は3.65mのFRP艇で型は古いがシケには強そうなガッシリした作り。3人で釣りをしても余裕の広さです。名船長S正範さんがマル秘のアマダイポイントに案内して下さるというので期待に胸を膨らませて○○沖から○○方向へ○○分。「東風」は海面をすべるように走ります。ポイントに到着するとパラシュートアンカーもたるんでしまう無風汗ばむようなポカポカ陽気。「ハイやっていいですよ〜」S正範さんの合図に水深○○mで仕掛けを入れると、良型のアマダイがたて続けにヒットします。ここの海底はアマダイ屋敷か?ってくらいの喰いの良さ。初釣りとしては大満足の釣果でイケスは見る見る一杯になりました。私にはホウボウやイトヨリも釣れてもう言うことありません。S正範さんありがとうございました。

アマダイとホウボウは酒蒸しにして頂きましたが、これがモ〜バカウマ。家族からはまたホウボウ釣って来てねというリクエストまで出て、わが家の釣り環境は少し改善されたのでした。